将棋盤、碁盤、将棋駒を販売している吉田碁盤店のブログ


by gobanya

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 5月19日から埼玉伝統工芸会館にて「吉田碁盤店実演・展示・即売会」が始まりました。本物と言われる碁盤や将棋盤を実際に見る機会はそうそうないと思いますので、お気軽に見学にいらしてください。なお、館内にご入場の際には入場料が300円掛かります。ご了承ください。
 この埼玉伝統工芸会館は、博物館のような存在です。当店だけでなく、埼玉県内の工芸品(和紙作品、彫刻、釣竿、羽子板等々)が多数展示されています。また周囲は自然が豊な地域です。そのため近郊の小学校の遠足のコースになっていて、初日はたくさんのお子さんが見学に来てくれました。小川町は近郊の方以外はほとんどいらしたことがないでしょうから、旅の観光気分でいらしていただいても楽しめると思います。
c0182466_5541362.jpg

[PR]
by gobanya | 2009-05-19 10:36 | 囲碁将棋販売

訃報・藤沢秀行名誉棋聖

 囲碁の藤沢秀行名誉棋聖(83歳)が8日午前7時過ぎ、肺炎のため東京都内の病院で死去されました。藤沢名誉棋聖は、棋聖戦において1977年から6連覇を果たし、癌と診断された後も治療を乗り越え1991年に史上最高齢のタイトル保持者となるなど囲碁界の一時代を築きました。弊社とは毎年開催していた書の個展に協力するなど引退後も深く繋がりがありました。ただ、ただ残念でなりません。心よりご冥福を申し上げます。
[PR]
by gobanya | 2009-05-09 14:24 | 囲碁棋士
 平成21年5月19日~25日の間、埼玉伝統工芸会館にて吉田碁盤店の盤師・吉田寅義による、碁盤、将棋盤製作の実演・展示・即売会を行ないます。本物と言われる碁盤や将棋を直接ご覧になる機会はなかなかないことと思います。ご見学だけでも結構です。お気軽にご来場下さい。

会場・埼玉伝統工芸会館(財団法人埼玉伝統工芸協会)
   〒355-0321埼玉県比企郡小川町大字小川1220
TEL・0493-72-1220、FAX0493-74-2636

 伝統を今に・・・数百年の樹齢を重ねた大木を何年も寝かした後、入念な行程を経て仕上げていきます。最後の仕上げは盤に命を吹き込む作業で太刀盛りというのがあります。古くから伝わる工法で、それを更に磨き抜いて確立したのが吉田流太刀盛りです。職人の生命をかけて守り続けて現代に生きています。

・囲碁、将棋に興味のある方、何でもご質問ください。
・碁盤、将棋盤、碁石など、その付属品全般の展示を行ないます。
・目盛り実演日=5月23、24日午後2時頃~午後2時半頃まで(予定)
 足作りなどの実演は、19日~連日予定です。
[PR]
by gobanya | 2009-05-05 09:24 | 囲碁将棋販売